あくまで 例文。 「あくまで参考」の用例・例文集

例文 あくまで

「飽く」とは飽きる(あきる)という意味の漢字です。 これが、「あくまでも~です(あくまで~にすぎません)」にそのまま使えます。

1
例文 あくまで

この企画で最も重視されたのは自由度であるため、遵守すべき明確な設定は事実上存在しない。 言葉の語源は諸説あるものがほとんどであり、「あくまで」も例外ではありません。 そのため、使用するときは英語のライセンス文書を使うことになっており、日本語訳はあくまで参考として示すにとどまっている。

18
例文 あくまで

そのため「飽くまでも青い海が広がっています。

14
例文 あくまで

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 コミュニティ理事 は、選挙によって選ばれる。

9
例文 あくまで

と言われたことがあります。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 あくまでとは「 どこまでも。

例文 あくまで

飽くまでも 「飽くまでも」という漢字表記にした場合の意味は、「決してその物事を行う意志が変わらないさま」として表すことができます。

例文 あくまで

【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 一方、例文2のように自分のことに関して使う際には、頑固とした強い意志が表れていますね。 」などと断定的な表現を意味しています。

16