球形 の 荒野。 終戦工作

の 荒野 球形

角田も又、あの日、歌舞伎座に来ていたのだった。

の 荒野 球形

久美子は、筆跡の類似だけではなく、「田上」「野上」の音の類似に付いてもおかしいと述べる。 著者は『球形の荒野』の外交官はこの岡本・北村・吉村を足して3で割ったような按配だと斟酌する。

5
の 荒野 球形

その後、添田は園遊会に出席していた滝(山形勲)に会いに行くが、そこにも、伊藤が姿を現していたが、添田は伊藤の顔を知るはずもなかった。 節子は、東京に帰ってそのことを叔母・野上孝子に話した。 その頃、ミヤコホテルのヴァンネードの部屋に、滝が一人で訪れて来る。

14
の 荒野 球形

二人は帰京すると、久美子の母・孝子にこの事を話すが、とりあってくれない。 それを聞いた久美子は、父がいなくなってしまったような気がする。

13
の 荒野 球形

映画 [ ] 球形の荒野 監督 脚本 貞永方久 製作 杉崎重美 出演者 音楽 編集 杉原よ志 配給 公開 上映時間 98分 製作国 日本 言語 ・ ・ ・ 1975年6月7日公開。 犯人は伊東に違いなかった。

9
の 荒野 球形

だが、野上は京都へ発った後だった。

14
の 荒野 球形

テレビドラマで十分な内容ではないかとさえ思う。 やがて、野上は伊東に呼び出された。 必死の調査によってヴァンネードが野上である事を知った添田も長崎へやって来た。

9
の 荒野 球形

昭和20年の05月から08月にかけての3カ月間の日本政府の推移は、過去のことして忘れ去ってはいけない重要事だと思う。

の 荒野 球形

添田が、ますます野上の死に疑問を持った頃、久美子の周辺に奇妙な出来事が続いた。 伊藤忠介と言う人物は良く知らない…と久実子は答える。

16